日記

あの頃の僕へ

がんに関する本を書こうと、書き出して、なんだかんだとストップしていた原稿がある。要は飽きやすい(笑)。いや、がん闘病が大変で、それを書き記す時間がなかった、かな?(笑)

まぁ、そんな感じで、原稿が中途半端にある。一度、完成していて、あとは修正と加筆を残すだけになって、止まっている。だけど、以前見たときは、大幅に修正加筆が必要に見えた。それで、放ってしまったのかも知れない。

今回の入院はまだまだ時間がある。それで、ふと思い出し、妻に原稿を、ノートパソコンごと持ってきてもらった。

パソコンを開けて、原稿を見てみる。

なるほど、修正が必要だ。だけど、あまりにもこだわり過ぎると、前に進めない。程よい加減が必要かも?それか、徹底したこだわりを見せて、修正を突き詰めるか?

いずれにせよ、そんな原稿に向かうことにしたので、乞うご期待!

だって、毎日1日1章ごと、修正加筆していっても、30章ほども余裕で修正加筆、出来てしまうよ…(笑)。大作でも、書き上げられてしまう、時間だけがたっぷりとある。

ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。