日記

ごめん、もうダメだ

先週、あまりに辛くて、僕が妻に伝えた言葉だ。呟いたのではなく、ハッキリと「もうダメだ」と伝えた。

あれから、1週間が経つ。

僕はのんびりと生きてる。そして、我に帰って、呆れてる。あの時は、心が折れた。生きることを諦めて、僕はそのことを正直に妻に伝えた。

そして、今、ベッドに座り、僕はシフォンケーキを食べている。

おかしな世界だ。

そんな風に何かのせいにしたい。もうダメってあんな風になっていて、今はケロッとしてる。心配する方はたまったもんじゃないよね。本当にごめん。謝り尽くしたくなる。

そして、せめて、妻に笑って欲しい。「大袈裟なんだから」って、軽くあしらって欲しい。全部、僕の我がままだ。ごめんね。

ごめん。

ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。