日記

コロナ騒動と基礎疾患に入る僕

  • 東京オリンピック延期
  • コロナウイルス対策
  • コロナウイルスの世界状況

2020.04.2テレビは大体、ここら辺を報道している。午前中のニュースやワイドショー辺りは、連日コロナウイルス関連の報道で、正直ウンザリ。「飽きてきている」と言ったらおかしな話だけど、本当にコロナウイルスの話題ばかりで、食傷気味だ。

そのせいか、なんとなくではあるけれど、日本国内の世間の空気はコロナウイルスに対して、少し、緩んで来ているように見える。

マスク、トイレットペーパーなどの買い占め騒動も、まだマスクは販売にまで至らずとも、ある程度パニックは収まり、ひと段落。慌てた様子があるのは良くないけれど、それは「みんなが恐れている」証拠でもある。それが今となれば、周りを見ればマスクを付けていない人も増え、いつも通りの落ち着いた様子。街並み。

そんな空気が、益々僕は怖くなる。

ニューヨーク、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、どこも街に人はいない。政府の指示のもと、コロナと戦っている。そんな人達が、今の日本の街並みを見て、どう思うのだろう?まるで楽園の様に見えるのかな?それとも死の際で踊る愚か者達に見えるのかな?

海外から来る人達が、どんどんコロナに感染して帰って来る。国内の感染者の数も日ごと、増えている。日本のコロナ状況は落ち着いているわけではない。どんどん加熱している。

これからなのだと思う。

肺がんは基礎疾患

コロナウイルスに罹ると、両肺が真っ白になるという話を耳にする。えっと…、現時点で両肺が真っ白な僕みたいな場合は?そりゃコロナウイルスに罹れば、重篤になる可能性は高くなるよなぁ、と思う。肺がんは1歩も2歩もリードしている…、ごめんなさい、笑えないジョークだ(笑)。

なので、僕はある程度の覚悟を持っている。

コロナウイルスに罹ったら、命はない。

そう思っている。以前、イギリスの専門家が、日本の70%はコロナウイルスに罹るような話をしていた。となると、

僕にとって、「コロナウイルスは致死率70%」。

大袈裟ではなく、仕方が無いけれど、そのくらいのものだと、腹を括っている。

守るべき力

僕にとってコロナウイルスは致死率70%。「そんなもんだろう」なんてぼんやり思っているわけではない。

  • マスク
  • アルコール消毒
  • 防護メガネ
  • ゴム手袋

コロナウイルスを見知った時、揃えた。命を守るために何が必要なのか。自分で出来る最大限のことを、やる。

だって、まだまだ死にたくないよ。今年、娘は中学生。成人式だって見たいなぁ。我ながら、欲張り(笑)。でも、楽しみなんだ。未来が。とっても楽しみだから。

ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。