日記

備忘録として

8月からブログをサボっていて、その間にあったこと。何があったか?

まずは、薬が変わった。

「テセントリク」がダメだった。結構、期待していた「免疫チェックポイント阻害剤」だった。

3つの免疫チェックポイント阻害剤

「免疫チェックポイント阻害剤」というとまず頭に浮かぶのが「オプチーボ」。まるで魔法の薬のように話す人もいるけれど、んなこたぁない。だけど、ちょっぴりだけその可能性がある薬。約20%の奏功率。そんなことを言ったら、どの抗がん剤も可能性のある薬なのだけれど。

免疫チェックポイント阻害剤は、機能の仕方が3つある。その3つそれぞれの薬として僕が知っているのが、

  • オプチーボ
  • ヤーボイ
  • テセントリク←new!

なので「テセントリク」は期待していた。

僕のファーストラインは「免疫チェックポイント阻害剤」で「オプチーボ」。

治験だったので条件が厳しく、1年ほどで終了した。だけど、結構効いていたと体感していて、「オプチーボ」は良かったと思っていた。

だから「テセントリク」はもっといけると踏んでいたんだけどなぁ。てんでダメだった…。

ゲムシタビン登場!

そして今は(2020.11.6現在)「ゲムシタビン」を3週連続で投与して、1週お休みのサイクルで投与している。の、今度3クールめ。

効いてると思う。

それでも腫瘍マーカー(CEA)はしっかりずっと右肩上がり…。ただCRPはつい最近、グッと下がって基準値に落ち着いた。炎症値が落ち着くということは、転移など、進行はしてないということでいいのかな?なんて。そう思いたい。

備忘録として

機能するのかな?4ヶ月ワープして現在。

大切なものは?

抗がん剤?薬の種類?転移箇所?

いや、楽しいこと。笑顔のことだ。

夢の国

ディズニー

先月(2020.10)夢の国、ディズニーランド&ディズニーシー&ホテルミラコスタへ行って来た。

そうそう。夢のようなことがあったのに、あっという間に過ぎ去って、それすらも忘れてしまいそうになるとは。

ディズニーシーへ行き、ホテルミラコスタへ1泊。翌日はディズニーランドへ。

ホテルミラコスタの風景

ホテルミラコスタの部屋からは、ディズニーシーのど真ん中の広場が見えた。沢山のお客さんやスタッフ、時にキャラクターまで見える。なんとも贅沢な場所だった。

窓越し、手を振れば振り返す人がいて、夜はスマホのライトをかかげ、みんなが掲げ返す。そんな恒例行事があるらしかった。

娘は何度もスマホライトを振って、たくさんの人たちとコンタクトを取っていた。

ずーっと夢の国にいるようだった。

朝食はホテルミラコスタでビュッフェ。お昼は船の中のレストラン。美味しいパンやサラダ、優しい柔らかさのローストビーフ。目玉が飛び出るほどの金額だけど、「GOTOトラベル」、「地域共通クーポン」やらで、お手頃に。

こんな素晴らしい出来事なのに、出来事自体思い出せないとは。備忘録は大切なのかも。こうしてヒントがあれば、読み返して、思い出して、幸せな気持ちになれる。なんか不思議な感じだけど(笑)。

他にも色んな出来事があったと思う。

思い出せるうちに書き留めたい。

ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。