日記

叶わない夢を捨てる覚悟

物を食べると喉が詰まる。なので、片手にお茶が欠かせない。ひと口ふた口食べて、飲み込んでは、お茶を飲んで流し落とす。いつのまにか、それが当たり前になっていた。

そして、段々酷くなって来た。お茶で流そうとすると、止まったり、それをググっと力を入れて飲み込むと、かなり胸のあたりが痛くなったりする。

流石にこれはヤバイ、と主治医に相談。レントゲンを撮り、食道を造影検査、結果、リンパ節と腫瘍に押されて、食道が狭くなっている、とのこと。

レントゲンを見ると、1部分だけ、グッと細くなっているのがわかった。もう見て、すぐにわかるような状態。

放射線治療へ

主治医と相談した結果、放射線治療を考えることになった。食道を押す腫瘍に放射線をあてて、通りをよくする。ただ、出来るかどうか、まずは診察を受けることになった。

これには、さりげなく、小さなボクの覚悟があった。

主治医との話で放射線治療の話が出た時は、うなづき、通りが良くなるならやります、とすぐに返事をした。でも、心の中では、複雑な気持ちを抱いていた。僕には夢があったからだ。

肺がんを寛解する夢

僕の夢は、専門の人から見たら、笑ってしまうことだと思う。

抗がん剤が効いて、腫瘍が無くなったり、うんと小さくなって、放射線や、手術で腫瘍が全部取れます。寛解します、という、夢。

そんな夢。肺がんステージ4の僕にしたら、本当に遠い、実現不可能な、夢。

僕の胸の奥に、大切にしまってある、夢だ。そんなこと、本当にあり得ないのはわかっているから、そっとしまってある。

だから今回、喉の詰まりで放射線を使うとなると、一瞬、立ち止まる自分がいる。

放射線は同じところに何度もあてられるものじゃないから、僕の夢は叶わなくなる。今回喉に放射線をあてたけど、次は別のところにあてよう、とはならない。でも、喉の通りは良くなるかも知れないから、キチンとそこは対処する。

そして、僕の夢は、無くなる。捨てることになる。諦める、が表現としてはいいかな?

ちゃんとわかっている。適切な処置をする。

夢が叶わないのだって、ちゃんとわかっている。だけどね、ちょっとだけ、寂しい。

いやいや、喉の通りが良くなれば、ご飯が食べられる。シンプルだけど、難しいことでもある。口からモノが食べられる幸せを、キチンと噛みしめようと思う。

夢は形を変えて、実現する。そして、まだまだ、ね。長く笑えるように。

楽しく、笑えるように。

ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。