未分類

意識消失の頻度

ぶっちゃけ、倒れる度合いが上がっている。1日1回。2日に1回?もっとかな?どうだろう?増えているのは確かだ。

1回倒れるのがバレる度、行動範囲が狭まっていくから、ね。隠してしまう。良くないんだろうけれど。

1回目、廊下で倒れたら、治療や検査は、車椅子で行くことになった。2回目、看護師さんの目の前で倒れたら、病棟から出る時は車椅子になった。3回目で、ベッドの柵にカバーがついた。4回目は…、どうなるのかな?(笑)

昨日は夜、トイレで倒れそうになった。ものすごい力技で、床に倒れずに済んだ。近年稀に見る、格闘だったと思う。トイレで倒れるのは、本当に嫌だった。その思いが、1人なのに、意識消失してるのに、「立っている」という奇跡を生んだ。

しかも、その前に1回、看護師さんの前で倒れているのだけれど、その感覚が短かったのか、気づかれなかったのもある。

なんだろう?まずは、ゆっくり行動してみよう。それで何が変わるわけでもないけれど、ゆっくり行動することが、色んなことを良い方向へ導く、そんな気がしている。

ゆっくり。ゆっくり。

ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。