日記

明けない夜へ向かって

必ず夜は明ける

年末年始、何度も耳にした言葉。コロナ禍で希望を持つためのパワーワードだ。だけど僕はその言葉を耳にする度、体のあちこちにモヤっとした何かが引っ掛かった。

だって、

「明けない夜はある」

そして、きっと今日もそんな暗闇と対峙している人がいる。

その人には「大丈夫!」なんて言葉をかけても届かないし、響かない。奇跡なんて記号めいた言葉も、希望なんて魔法も。何の保証もない無責任な言葉たちを誰が信じるというのだろう。

そして「いつか眠るんだろう」。

たとえば、今から僕の「がん」が治ることはない。いやいや、奇跡は起こる!治る可能性だって…、ない。

明けない夜はあるんだよ。より深くとばりは降りて、やがて眠る。そういうことだ。

どんなに駄々をこねても、どんなに大金を積んでも、奇跡は起きない。がんは治らない。

世の中、正しく出来ている。

なんというか、悲しいけど気持ち良い。清々しいというか、ね。嫌だけどね。地面に寝転んで365日、手足をジタバタさせてすべてを拒否したい。そのくらい嫌だけどね。

今年もよろしくお願いします。

それでも生きていく。

生きていかないといけない。泣いたり笑ったり。腹は座ってない。地に足ついてる自信もない。怖い。震える。

正直に生きていくので、2021.今年もどうぞよろしくお願い致します。

ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。