日記

13回目のゲムシタビン投与完了

2021年1月4日、今年初めての抗がん剤投与完了。今年1年、「ゲムシタビン」を使い続けられたら嬉しいな。

「ゲムシタビン」が効いているか?効いていないのか?その判断は難しい。

CEA(腫瘍マーカー)の値は毎月上昇中。去年2020年12月で700を超えていた気がする。標準値0〜0.5だからね。もう神の領域(笑)。

脳転移、骨転移もあってどう改善したら良いのか?わからなくなるけど、メインは肺だよね。肺が改善されれば、転移先の腫瘍も小さくなる。そんな気がする。気がするだけだけど…(笑)。

放射線治療へ

腰がやっぱり痛む。そこから全身へのダルさに繋がっているような気がする。なので、年も明けたので再び放射線科を受診。腰に放射線治療を行う予定だ。

回数は2週間かな?みっちりやるつもり。放射線科の先生曰く、7割くらいの患者さんは痛みが改善したと。そうなりたいなぁ…。

ちなみに腰の骨、腰椎は骨転移していて、レントゲンで見ると正常な骨が白く映るところ、真っ黒。だけど、そこから神経を圧迫するようなことはない。

じゃあ何故に?

な感じだけど、よくわからない(笑)。それでも痛みが改善するなら藁をも掴む。

耳鼻咽喉科も受診予定

声が出なくなって4ヶ月?5ヶ月?くらいかな?いつの間にか当たり前のようになっているけれど、声が出ないって結構凄いことだ。

囁くような静かな声なら出せる。ヒソヒソ話の声。この声は娘が聞き取れる。声帯がどうなってるか調べられるだろうけれど、その後のこと、治療の話まで行くのかな?

でも「診察する」どこまで来た。一歩前進。

これを書いている今日で「ゲムシタビン」投与から2日目。明日には副作用から抜け出せる気がする。

イメージを持って、前へ進もうと思う。

ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。