日記

がんと生きる! 余命宣告されても、人は笑える。

闘病日誌を綴る

2019年5月17日(金)
ドセタキセル18日目。

  • フロセミド(むくみの利尿剤)
  • オキノーム(咳、手足のしびれ)

午後にオキノーム追加なしで今のところ平気だ。この調子でいけば、夜も大丈夫かも?

がんの闘病日誌を今日から綴ることにした。というか、ただの日記。備忘録にもならないかも知れないけれど。最初からやっていたらかなりのボリュームになったのに、と思うけれど、そもそも日記など続いたためしがない。

じゃあ、何故書くのかといえば、存在証明かな?死を目の前に突き付けられて、生きていたという証が欲しいのかも知れない。

だけど、余命宣告されたあとなら続くのか?
といえば、続いた試しがない(笑)。

人は雑に出来ている。

たとえ余命を宣告されても、だからといって、残った命が尽きるまで何かをやり遂げようとか、手紙を残そうとか、エンディングノートをつけようとか、考えるけれどやらない。やる人もいるんだろうけれど、僕は余命を宣告される前と同じ・・・。基本、三日坊主の人間は変わらない(汗)。って、胸を張ることでもないけれど。

ただ、そんな風に出来ていることを、最近になって知った。

人は雑に出来ている。

もちろん、余命を宣告されて、絶望した。今だって、ときどき涙が溢れて仕方がないときがある。お先真っ暗だ。自暴自棄にもなる。おかしくもなる。

けれど、気が付けば平常運転。

笑う。
食べる。
飲む。
寝る。
ダラダラする。

人は雑に出来ている。

笑えるから、不思議だ。


 

がんと生きる! 抗がん剤の副作用、吐き気をつぼで抑える!簡単ツボ押し3選! 肺がんステージ4、余命1年から3年。 アディショナルタイムを華麗にムーンウォークする男、けんけんです。 みなさんお元気で...

ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。