日記

がんと生きる! がん告知と遺書

2019年5月18日(土)
ドセタキセル19日目。

がん告知を受けて、何か残したいと思った。

これは自然な考えなんだろう。自分が確かにこの世にいたこと、その存在を証明したい、残したい、そんな気持ち。だから「エンディングノート」なるものがあるのだし、ビデオレターを残したり、手紙を残したり、よく映画で目にするやつ。どれくらいの人がそんな風にして本当にメッセージを残すのか知らないけれど、僕は三日坊主(笑)。ほぼ何もしていない・・・。

僕と同病の「なかちょん」のブログは衝撃的だった。って実名出しちゃってるけど、いいよね。なかちょんは自分が亡くなったときを想定したブログを日々予約更新していて、予約更新出来なくなったとき、そのブログがアップされる状態にしていた。

そして、ある日、そのブログは更新された。

「このブログをみんなが目にしているということは、僕は死んだんだね」と。とても綺麗なブログだった。たくさんの人へ向けた最後のメッセージ。なかちょんの想いと感謝の気持ちが詰まったメッセージだ。

僕の場合はこのブログがそれにあたるのかな?と思う。といっても、なかちょんみたいなカッコいいやり方は性に合っていない。というか、不器用過ぎて、怠け者過ぎて、出来ない。ただ、だらだら日にちが飛び飛び歯抜けのブログがある日、ストップする。

そんな感じだろうなぁ、と思う・・・。
でもね、これが僕の生きた証だ。

のんびり
ゆっくり
楽しく

 

がんと生きる! 余命宣告されても、人は笑える。闘病日誌を綴る 2019年5月17日(金) ドセタキセル18日目。 フロセミド(むくみの利尿剤) オキノーム...
野菜ジュースを飲んで、素敵な健康がん闘病ライフを送ろう! 肺がんステージ4、余命1年から3年 アディショナルタイムを 華麗にムーンウォークするけんけんです 最初にお断りしておき...
ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。