日記

2020.2月26日、入院しました

といっても、緊急入院ではなく、抗がん剤を変更するための、入院だ。そして表紙の写真は、入院に持っていくお菓子だ(笑)。

僕の通うがんセンターでは、新しい抗がん剤を投与する際は、入院する決まりになっている。そのルールに則った、入院。

抗がん剤投与後にアレルギー症状や、大きな変化がないか、確認する要素が大きいのかな?ちょっと面倒な気もするけれど、キチンと診てくれる安心感がある。

新しい抗がん剤

新しい抗がん剤は…

  • カルボプラチン
  • アブラキサン

2剤併用。カルボプラチンは3thラインで、1度投与済み。その時は…

  • カルボプラチン
  • アリムタ

3度、投与したかな?

カルボプラチンは「シスプラチンと効果は一緒で、副作用は軽い」、そんなイメージを持っていたけれど、僕の場合は、効果は同じくらいだったかなぁ…と、うる覚えな程度。そして副作用は、シスプラチンよりも酷かった記憶…。

ただ、前に投与した時は、それに輪をかけて、併用した「アリムタ」でアレルギー反応出て、散々な目に。目はボクサーみたいにボコっと腫れ上がり、両眼真っ赤だし、あちこち痒いし、息苦しいし、看護師さん達に取り囲まれるし(笑)、大変だった。

アブラキサンはアレルギーが少ないそう。さすがにアリムタみたいなのは勘弁して欲しい。というか、効いて欲しいな。

今回で8thラインになるのかな?

そろそろここら辺で、バチン!と、効いて欲しい。腫瘍がどんどん小さくなって、欲を言えば無くなって、咳が消えて、ゼーゼーしなくなって、普通な感じがいいな。それも、副作用も無くて、どんどん顔の浮腫も取れて、髪も生えて、元気いっぱい、元通りな感じに…。

「願い」だから、たまにはこうして書き出してみても、いいよね。

最近はなかなか夢見ることも少なくなった…なんて、悲しいこと書いてもあれだから、ぜひぜひ、少しでも、どうか良くなりますように。

ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。