おすすめアイテム

大切な人に声の手紙をPitPa(ピトパ)で伝えよう!楽しいがん闘病ライフ!

この記事はこんな方におすすめ
  • 大切な家族、恋人へ感謝を伝えたい方
  • 手紙を残している方
  • PitPa(ピトパ)が気になる方
  • お暇な方

みなさんこんにちは
肺がんステージ4、余命1年から3年
がんと生きる!
アディショナルタイムをスキップで駆ける
kenkenです

みなさんは闘病生活の中で

手紙を残そう
声を残そう
ビデオを残そう

そんな風に考えたり
実践している方はいますか?

正直なところ
僕はその考えが嫌でした

【遺言】のイメージが強いからです

死が前提にあって
大切な人へ
手紙を
声を
ビデオムービーを、遺す

「のこす」んじゃなくて
「遺す」にしか思えなくて

そんなとき
出会ったのが音声ツイートアプリ
【PitPa(ピトパ)】でした
なんだかCMみたいだ・・・笑

インターネットの世界に僕がいる

大切な人へ

  • 声を残す
  • 手紙を残す
  • 映像を残す

僕は【遺書】みたいで嫌でした

というか、死と向き合うのが怖いんです
当たり前か・・・

やりだしたら
なんだかもうすぐ死ぬみたいで

やりだしたら
そのまま本当にそうなってしまいそうで
手が付けられないでいました

じゃあ、何故
【PitPa(ピトパ)】の
音声ツイートなら出来たのか

それは僕の声が
手元にのこるのではなく
インターネットの世界へ
「息づく声」として存在するからでした

僕の【PitPa(ピトパ)】の使い方は
「娘へのメッセージ」です

イメージは
娘がインターネットの世界へ出かけ
そこにいる僕の声を聴く

娘は何かに困ったら
インターネットの世界へ出かける
僕に会いに行くために

そして僕と出会い
僕の声を聴く

僕はその為に
音声データを蓄積する

いつでも
会いに行けるように

まだ生まれたばかりのアプリ


PitPa(ピトパ)はまだ始まったばっかりです
2018/09リリースです
2018/12/15現在

今のところはとても楽しいです
勝手に感極まって
泣きながら毎回録音してます
これは精神衛生上どうなんだろう・・・

使ってみた感想は・・・

【PitPa(ピトパ)】の良いところ
  • ボタン1つで簡単録音
  • 1分録音が手頃な長さ
  • 全体的に操作が簡単
  • お金も稼げる!

プロフィール編集
カテゴリー登録
操作がシンプルで簡単です
子供でもすぐ出来ると思います

【PitPa(ピトパ)】で
広告収入も得られます
登録とか何も入らないです

でも、これは期待しない方がいいかも
計算してみたのですが、1再生0.06円ほど
僕はもう少しでフェリックスガム1個買えます

反対に弱点も・・・

【PitPa(ピトパ)】の弱点
  • 音声がリアルでちょっと引く
  • まだiPhone版しかない
  • 使用している人が少ない

【文章】ではなく【声】なので
聞いた瞬間「ドキッ」とします
人がいます

このリアリティさが
受け入れられるのか、ダメなのか
【PitPa(ピトパ)】の
運命を決めると思います

お茶もびわでいかがですか?

「パパから君へ」

僕の【PitPa(ピトパ)】
作ったカテゴリーは1つです

「パパから君へ」

パパから君へのメッセージ

嬉しいとき、悲しいとき
会いたくなったとき
何度も聴き返して欲しい

パパから大好きな君へ
大切なことを伝えたい

一部、載せます
リンク踏んでもすぐ音は出ません
再生ボタン押したら流れます

僕の声を聴いた方
初めまして

そんな感じですよね?
これが【PitPa(ピトパ)】の魅力です

間抜けになりたい


【PitPa(ピトパ)】を初めて
思うことがあります

間抜けになりたい!

娘へ「結婚おめでとう!」
そう呟いた僕の【PitPa(ピトパ)】を
娘の結婚式に出席して
妻と2人ならんで
恥ずかしがりながら聞きたい

お金を借りちゃいけないって
そういえばつぶやいたなぁ・・って
財布からお金を娘に渡す

そんな間抜けな
【PitPa(ピトパ)】ライフ

結構、理想です

 

 

▽はじめてのびわ茶をお試し下さい▽

おせち 年賀状 しめ飾り お正月も楽しいがん闘病ライフを送ろう! みなさん、あけま・・・ まだですね。 2018/12/06です みなさん、こんにちは 肺がんステージ4、余命1年から...

 

家族の絵を描いてもらうpolcaをやってみた!楽しいがん闘病ライフを送ろう! みなさんこんにちは 肺がんステージ4、余命1年から3年 がんと生きる! アディショナルタイムを華麗にジャンプする ken...

 

 

掲載されている医療情報は一般論に加え、
多分に主観的見解を含んでいるものであり、
すべての個人に適応できるものとは限りません。
Copyright(C)2018 gantoikiru.All Rights Reserved.

ABOUT ME
kenken
2015年11月に肺腺がんステージ4、余命1年の宣告を受ける。 只今、元気にアディショナルタイムを駆け抜け中! 呟いたりもします。 noteも始めました。